彼女と愛人の違い

結婚する前に交際しているのが彼女で、結婚していながら他に付き合っている女性が愛人。そういう解釈で間違いない?でも、結婚してなくても愛人って関係あるじゃない。それって彼女じゃないの?彼女って言葉は若者向けで、ある程度の年齢になったら愛人って呼ばれるの?
確かに、20代くらいの学生が付き合ってる女の子のことを愛人って呼んでいたら違和感はある。逆に、年配の人が彼女って呼ぶのには違和感はない。じゃあ、全部まとめて彼女って呼称じゃダメ?結婚してるのに関係がある女性のことは不倫相手ってことで。不倫って最近話題のキーワードだし(笑)。
でも、男女関係ってのにはいろんなパターンがあるようで、ちょっと形式が違うだけでいろんな呼び名があるらしい。彼女、愛人、セフレ、婚約者・・・最近ではセカンドパートナーなんて関係もあるらしい。一体何がどう違うのだろう?
それほど男女関係って複雑ってことか。まあ、人間関係自体複雑だからな。難しいこと考えず、とりあえずオナニーでもしようか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です